こんにゃく足で小指にウオノメがあって痛いというお客さま

こんにゃく足で小指にウオノメがあって痛いというお客さま

サロンに来店されたお客さま。

前足部の中央と小指側にも(ボールジョイントの下あたり)
タコ&ウオノメがあり左の足が痛くて、なるべく歩いてない。

足の大きさが右25・5㎝左25・3㎝
足囲が右22・4㎝左21・4㎝で1センチの差

左はこんにゃく足!!右で歩いてるようで左は引きずるような歩き方でした。

左トゥイン・トゥアウトなし少しサピネーション
右トゥアウト&サピネーションです。

ドイツ式フットケアで最初は来店し自然療法についてお話しすると、やる!
ということになりシューズセラピーする予定ですが、
最初は痛みを和らげて歩けるように、衝撃吸収材のみ入れてあげて
徐々にパーツを加えて行こうかと思ってますが、どうでしょうか?
この方に、有効なアドバイスなどありますか?

両足のボールジョイント部の弾力が全く違うので、どうしたもんかと悩んでいます。
(衝撃吸収材も左は4ミリ 右は3ミリとかにしても大丈夫でしょうか?)

【スクールより】

足・靴・歩行のケアを提供できることになって良かったですね!
この方のような症例では、まさに足・靴・歩行の3方向からのケアが必要です。

基本的には、

「足のほぐし・靴の構造整備・フィッティング調整とアーチサポートパッド・
歩行矯正パッド・歩行レッスン・歩行トレーニング」

の流れでケアをしていけば大丈夫ですが、
左足の痛みの優先度が高いと判断してケアプランを立てましょう。

プレーンシートは前滑り防止として使用。
横アーチテーピングも有効な可能性があります。
これで痛みが取れない場合は、
魚の目の芯だけ取る処置を皮膚科でしてもらい、
「なるべく歩かないようにしている」状態を回避します。

左右バランスの取れた歩行ができるようにしていけば、
左足のこんにゃく状態も自然に解消されていくはずです。



「自然療法フットケア講座」の内容をよりよくご理解頂くための資料を無料でお送りしております。


コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

TEL
HOME