ウォーキングをからだの栄養にするために

ウォーキングをからだの栄養にするために

自分らしく仕事からだのホリスティック(全体的)な健康を考えた時、重要な要素は「食事」「運動」「休養」の3つに集約されます。 古来、あらゆる健康法が、この3つの要素の養生(ケア)を説いています。 ホリスティックな医学や健康法は、共通してこの3つを重視します。 ウォーキングは、毎日とれる理想的な「運動」という栄養素なのです。 また、速度を速めにして歩けば有酸素運動(エアロビクス)となり、心肺機能を高め、脂肪を燃焼させ、メタボ対策やダイエットにもなります。 ウォーキングは、全身の筋肉と骨を強く保ち、細胞の代謝を活性化し、その人のエネルギーレベルを最大化すると考えられています。 ウォーキングがからだの元気の素になるのは、間違いありません。 でも、歩き方に変なクセがあると、せっかくのウォーキング効果も台無しです。 ウォーキングを本当にからだに効く栄養にするためには、歩き方を直して正しいフォームに調整しておく必要があるのです。 テニスやゴルフを楽しむには、フォームが大事ですよね? フォームが悪いと上手に楽しめないばかりか、手やからだを痛めてしまいます。 img_08実は、外反母趾・巻き爪・タコ・ウオノメ、膝痛・腰痛・O脚の多くも、元をただせば、歩き方に問題があると考えられるのです。 ですから、いくらウォーキングがからだに良いからと言って、歩き方をチェックしてからにしないとかえって危険なわけです。 歩き方が悪いということは、「足の問題」「靴の問題」がかならず背景にあります。 「足」と「靴」に問題があれば、ほぼ100%歩き方にも問題があります。 「足にトラブルのある人」「靴が合わない人」というのは、「歩き方が悪くなっている人」と疑ってかかる必要があるわけです。 自然療法フットケアでは、 と、役割分担して根本的な問題解決をはかります。 自然療法フットケア講座とは?>>



コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

CONTACT
HOME