一般のサロンと自然療法フットケアサロンの違いとは?

一般のサロンと自然療法フットケアサロンの違いとは?

「自然療法フットケア」では、「足」・「靴」・「歩行」までを カバーしていきますので、従来のフットケアよりも守備範囲が広くなります。 ですので、複数ある技術を「順序よく、効率よく」適用していくための 「ケアプラン」を、お客さまごとの足の状態やトラブルの経緯などを 勘案しながらお客様一人ひとりに組んでいく必要があります。 ここが自然療法フットケアのセラピストのセンスの見せ所となるのですが、 それだけお客様からの信頼も厚くなりリピートが多い理由もここにあります。 そこで、今回、「自然療法フットケア」の技術が、サロンの現場において 具体的にどのように提供されるのか、「外反母趾」を例に分かりやすく 動画で解説をしております。 ★自然療法フットケアサロンでのケアの流れー外反母趾(その1~3) お客さまに対して適切なケアプランをご提示し、お客様のご理解を得たり、 数ヶ月に渡るケアの流れをコントロールする能力を身につけることで、 他の一般的なセラピストにはできない、優位性と差別化が生まれます。 これは、自然療法フットケアサロンに、遠方からでもお客様がわざわざ足を運んで くださることが証明しています。 そして、一般サロンにない、自然療法フットケアサロンの大きな特徴となる 「コースメニュー」もここから生まれます。 ★自然療法フットケアサロンでのケアの流れー外反母趾(その1~3) ぜひ、ご参考にされてくださいね。



PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

CONTACT
HOME