先の細い靴の捨て寸の取り方

先の細い靴の捨て寸の取り方

【スクールより】

捨て寸をとる目的は、
「ゆびが自由に動く=ゆびに力が入れられる」ということです。
したがって、前からも横からも靴で束縛されたくありません。

先の細くなっている靴では、
つま先の余裕はとれても、横からの圧迫を受けやすいので
これはなるべく避けたいところです。

対処法としては、足長を大きめにとって、先細になる部分を
「先送り」することで改善します。
捨て寸を、余分にとっているような状態になりますので、
その分、足囲もゆるくなるのでプレーンシートでころしを締めて対応します。

スニーカーとくらべて、どうしても両端のゆびの圧迫感が出ますが、
ギューっと靴の革で押されている(靴の革の上から指が押し上げているのがわかる)
といった状態を避けてもらえれば、大きなトラブルには至りません。

常にスニーカーで過ごせるなら、その方が苦労しませんが、
そうもいかない方が大半ですので、オシャレな靴でも何とかするのが、
実践的には重要なスキルになったりしますので挑戦してくださいね。




コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

CONTACT
HOME