医療機関を受診してもらう場合との線引きは?

医療機関を受診してもらう場合との線引きは?

例えば、外反母趾や巻き爪の場合に、
外科に行ってもらうものと、自然療法フットケアで治癒させていけるものの、
境界線が分かりません。

その見極めはどのようにしたら宜しいでしょうか?

【スクールより】

明快な線引きはできませんが、以下のような場合には
自然療法フットケアで対応してみる価値があると考えられます。
・原因が生まれつきや特別な事故ではない場合
・痛みや不快感に耐えられ、緊急性が高くない場合

自然療法フットケアを3ヶ月以上続けたのに好転が何も感じられないような場合
お客さまが科学的な検査を望まれる場合
とりあえずすぐ直したい場合
などには整形外科・皮膚科を併用して受診してもいいでしょう。

なお、医療的ケアで症状が改善しても、かならず再発というリスクがありますので、
アフターケアとして自然療法フットケアを取り入れるのは賢明な対応です。




コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

CONTACT
HOME