第4指が第3指にくっついていて底面の皮膚が鋭く尖っています。

第4指が第3指にくっついていて底面の皮膚が鋭く尖っています。

第4指が第3指にくっついていて、第4指の底面は鋭く皮膚が尖っています。
こういった場合、インソールをどう作ればいいですか?
フットプリントには小趾は写りませんでした。

【スクールより】

趾と趾がギューっとくっついてしまっているのは、
靴による圧迫が原因ですので、まずは靴のチェックから対策します。

●普段はいている靴に捨て寸は取れているかチェック
→捨て寸不足の靴があれば処分

●逆に、前すべりで趾を圧迫している靴がないかチェック
→あれば、ころしを入れるか甲で止めるか対策をとる

次に、趾と趾を離して開かせるために

・横アーチテーピング
・3軸、LT(内側・外側両方)
・歩行時に趾を使うクセをつけるレッスン
・趾を開くホームケア(手の指を足の指の間に入れてゆらす、など)

を行ってください。

上記を継続すれば、趾が開いて使えるようになり、
趾の底面の皮膚の変形も自然に解消されていくはずです。

インソールだけで対策するのでなく、
足・靴・歩行の3方向から趾と趾が開いて使えるように促すことが
自然療法フットケアのケアプランのポイントとなります。




コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

CONTACT
HOME