趾の間に魚の目ができて痛い方のケア

趾の間に魚の目ができて痛い方のケア

小指と薬指の間に魚の目ができて、
痛くて靴が履けないとおっしゃるお客様がいます。
どういうケアやインソールを作ってあげればいいですか?

【スクールより】

この症状は、靴の中で指が強く圧迫されていることが原因で、
「歩き方のゆがみ」は直接的な要因ではありません。
(小指の外側が痛いなら、歩行矯正パッドが有効です)

この症状の対策ケアは:

●靴の捨て寸をしっかり取り、かつ甲で止める。
●パンプスは先の細いものを避け、ころしを効かせる。
●横アーチテーピングで趾を広げる
●3軸+LTを外側アーチのかかと寄りに入れて、小趾を開かせる。
●趾を広げるストレッチを行う

靴えらびとインソールできちんと対策すれば、自然治癒できます。
ぜひ、ケアをトータルに実行してみてくださいね♪




コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

CONTACT
HOME