ブログ

高齢者や子供のシューズセラピー

シューズセラピーをしてあげるとき
高齢者(60代)や子供の靴の場合の注意点はありますか?

高齢の方には3点アーチがある方が意外に多い(歩いてる方)ので、
そういう方にわざわざ3軸入れなくても大丈夫ですか?

【スクールより】

一般的には、
高齢者はクッション性を重視。
子供は靴そのものの選び方を重視。
(捨て寸・甲で止める・ヒールカウンター・かえし)

高齢者でアーチがしっかりしている方でも、
よく歩く方には3軸・LTを入れて支えた方が疲れにくくなります。
ローリングしやすくなり前への推進力がつくのと、
歩いているうちに低下してくるアーチを支えることができるからです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「自然療法フットケア講座」の卒業生さんが、足に関する本を出版されました!!上田恵子さん...

アーカイブ