ブログ

靴の踵のフィット感を改善するには?

なかなか市販の靴でぴったりくるものはないと思うのですが、
中でも幅と踵の大きさが合わないものが多いです。

幅はプレーンシートでころしの調整をすると思いますが、
踵をおさめるところが大きくて包まれている感じがないので
いくらカウンターがしっかりしていても少し踵のズレを感じます。

踵のフィット感を良くするためには調整はどうしたらよいでしょうか?

【スクールより】

踵部分は、靴で足を挟み込むような形でのフィッティングはしません。

重要なのはボールジョイント部分での「ころし」であり、
ころしがきちんと効いていると足がかえる時に靴がついてくる
(踵が抜けない)
という状態→正しいフィッティングの状態、となります。

単純に言ってしまいますと、

・ころしが効いている→踵が抜けず、踵の部分がゆるく感じても靴ズレしない
・ころしが甘いと→踵が抜けてしまい、踵内側にパッドを入れたりしても
 靴ズレしてしまう

といった感じになります。
この感覚がつかめるよう、ご自身の靴でぜひ体感してみてください。

ただ、足の骨格的に踵が細い方が増えており、靴の中で踵が泳ぐような
不安定感を感じられる方もいると思います。

そんな方には、Rーウェッジの左右使い→踵にすり鉢状の構造を作り、
踵にかかる重心をセンターに集める。のが有効です。
靴の中で踵の位置が安定し、落ち着く感覚が得られます。
これもぜひやってみてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「自然療法フットケア講座」の卒業生さんが、足に関する本を出版されました!!上田恵子さん...

アーカイブ