ブログ

かかとの細いお客さまの靴えらびと対応法

靴屋で働いているのですが、先日ご来店頂いたお客様で
『足を計ったら、横幅は3Eだけど踵が狭いので、どんな靴が合いますか?』
と聞かれて困ってしまいました。

踵の造りが細い靴は横幅も狭い靴がおおいので、オススメできるものがありませんでした。
このような場合、踵の調整をするべきなのでしょうか?

【スクールより】

この場合、横幅をきちんと合せて「ころし」を効かせれば、
踵が細くて踵の部分がゆるくても足と靴は一体化してくれます。
いわゆる「靴が足についてくる」という状態です。

ただし、踵の部分が靴の中で不安定になりますので、
ウォーキングセラピーで使うR-ウェッジを左右に2枚使うと踵が安定して落ち着きます。

また、歩行時に足趾に力を入れて歩くことが重要ですので、
横アーチテーピングや3軸・LTのアーチパッドも有効です。

踵の周囲と靴の間のスペースを埋める市販のシートもありますが、
使ってもあまり意味がありません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「自然療法フットケア講座」の卒業生さんが、足に関する本を出版されました!!上田恵子さん...

アーカイブ