ブログ

妊娠中の歩き方の注意事項

妊娠中の歩き方で注意することはありますか?
足腰に負担がかかるので、特にAFA式が有効だと思っております。

産後、赤ちゃんをおんぶ・抱っこして歩くときも
お母さんには負担がかかりますが、注意点を教えてください。

【スクールより】

まず、何よりも転ばないようにすることです。

そのために、つま先は少しでも上げること。むくみ対策にもなります。
靴はヒモをしっかり締めてフィットさせること。
ルーズなサンダルなどは歩行時には排除すること。

お腹が大きくなると、重心が後ろ寄りになり反り腰になりやすいので、
アゴを引いて、目線はやや下に。
HCからTCまではしっかり行い、趾にまで体重移動を心がけてもらう。
TOのかえし、はあまり意識しなくていいです。

ゆっくりでいいので、妊娠中も歩行を続けると母子ともに健康になります。

赤ちゃんをおんぶ・抱っこして歩くときも、
まず上記と同じで転ばないように注意してください。
抱っこして歩くのは両手が自由にならない上、反り腰になるので歩行には適しません。
(なるべく避けてもらう)

おんぶして歩く時は、目線をやや落として少し前屈みの姿勢で。
TOのかえし、はあまり意識しなくていいです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「自然療法フットケア講座」の卒業生さんが、足に関する本を出版されました!!上田恵子さん...

アーカイブ

近日開講 受講生向けセミナー

11月
22
2017
10:30 AM レッグトリートメント講習(東京の... @ サロン「リセット」
レッグトリートメント講習(東京の... @ サロン「リセット」
11月 22 @ 10:30 AM – 11月 23 @ 4:30 PM
レッグトリートメント講習(東京のみ) @ サロン「リセット」
レッグトリートメント講習は、「自然療法フットケア講座」のトータルコースの方、または、レッグトリートメントを単独受講・追加受講された方のみ参加できる講習です。 レッグトリートメント講習では、以下の3種類の手技をそれぞれ2日間で修得できます。 【1】レッグアロマトリートメント: ふくらはぎの筋肉の弾力性を回復し、足から心臓方向への血流を改善。むくみ、脚ヤセ、冷えなどに大きな効果があります。また、歩き方を直す際にふくらはぎが固いと直すのに時間がかかります。 【2】東洋式リフレクソロジー: 足裏〜足首に集中する反射区に加えて中国古来のツボ押しを行うことで、全身の疲労感、胃や肝臓など内蔵諸機関のはたらきを刺激します。広く普及している施術のためフットケアの入り口となります。 【3】ふとももアロマ・腰・骨盤調整: 中高年の女性に圧倒的に多い膝や腰の痛み、O脚・X脚などに大きな効果があります。 (注)この技術は【1】レッグアロマトリートメントを先に受講することが条件となります。 いずれも、生徒さんを3名以下に限定した、超少人数・短期集中のプライベートレッスンです。 和やかで楽しい雰囲気を大切にしながらも、短期集中セミナーに必要な軽い緊張感を生徒さんにも望み、無駄のない充実した内容でしっかりと技術の神髄(からだの重心の意識と使い方)を身につけていただきます。 レッグトリートメント講習の詳細 レッスン会場:東京:築地の大人気自然療法フットケアサロン「リセット」(東京メトロ・築地駅、新富町駅より徒歩1分) 将来的にサロン開業を考えている方には、自然療法フットケアで大成功している人気サロンをご自分の目と感覚でつぶさに見学できる絶好の機会でもあります。 時 間:2日間・各10:30~(講習時間は生徒さんの人数により変動があります) 定 員:各回先着1〜3名 レッグトリートメント講習のご予約 保存保存 保存保存 保存保存