ブログ

左右のサイズ差が大きなお客さまの靴えらび

小学生の時にアキレス腱の手術を受けられたことがあるお客様。

足のサイズは足長:右200、左218  足囲:右213、左222 です。

コースの中で、シューズセラピーをするにあたり、
1足目はウォーキングシューズでしたので、左足に合わせたサイズ選びで
何とか対応させてもらったのですが、
シューレース以外の靴選びでは、スクールで教えていただいたような
大きい方のサイズに合わせて・・・というのでは、
無理があるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

左右のサイズ差が大きすぎる場合、
お金は倍かかるけど、左右のそれぞれのサイズで購入して
片足ずつを利用するという方法を書いているブログを見つけたりしましたが・・・。

【スクールより】

まず、通常の調整方法でやってみることです。

結果、足囲での調整では難しい場合は、

1)足長で多少妥協する。このケースでは21.5mを試してみる
2)ストラップ付き、ひも靴タイプ、ブーツで対応する

それも無理なら
3)2足購入する、セミオーダーを検討する
といった対応を考えることになりますね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「自然療法フットケア講座」の卒業生さんが、足に関する本を出版されました!!上田恵子さん...

アーカイブ

近日開講 受講生向けセミナー

8月
28
2017
10:00 AM スクーリング(シューズセラピー)... @ ANGビジネス情報館セミナールーム
スクーリング(シューズセラピー)... @ ANGビジネス情報館セミナールーム
8月 28 @ 10:00 AM – 2:00 PM
スクーリング(シューズセラピー)【大阪】 @ ANGビジネス情報館セミナールーム
実技セミナーは、「自然療法フットケア講座」でDVDと資料を元に学んで自宅練習したシューズセラピーとウォーキングセラピーの技術を、直接インストラクターが確認し、細かい部分まで指導が受けられるセミナーです。 インストラクターや全国の受講生仲間と直接顔を合わせる貴重な機会でもあり、その後も長く続くご縁が得られることも多くみられます。 ※実技セミナーは、「自然療法フットケア講座」の受講生だけが受講できる特典です。 シューズセラピー講座の内容 フットプリントの採り方と注意事項 足の採寸(フットゲージとメジャーの使い方) 足の触診のしかたと注意事項 開張足と外反母趾のテーピング 衝撃吸収材による靴の調整実技 インソールの作成実技(アーチサポートパッド) 質疑応答(随時) ウォーキングセラピー講座の内容 シューズセラピーとウォーキングセラピーの役割 歩行矯正用インソールパッドの使い方 歩行のゆがみ(トゥアウト・トゥイン)の確認 ウォーキングレッスンの実技練習と注意事項 足の評価と変形トラブルへの対処法 質疑応答(随時) 実技セミナーのご予約