ブログ

通信講座で技術を覚えられるか心配です。

自然療法フットケアのシューズセラピーとウォーキングセラピーの講座は、

「DVDを中心としたホームスタディ+スクーリング」のカリキュラムを採用しており、

一歩進んだ通信講座の進化系として大きな成果を上げています。

そして、それには重要な理由と裏付けがあります。

それは、「この技術を修得するのに重要なのは、レクチャーだ」ということです。
各講座には、足の診断、インソール作成、テーピング、歩行矯正インソール、歩行レッスンなどの
実技がありますが、実技そのものについては誰でも容易に覚えられます。

むしろ問題なのは、実技の前提となる足の問題、靴の問題、歩行の問題の「正しい理解」です。
そのため「レクチャーの理解度」が技術修得の最重要ポイントになるのです。

実は、以前は通学スタイルの講座も開講しておりました。 が、通信制で学んだ生徒さんたちの
成績が通学制の生徒さんを圧倒し、その後すべてを通信制カリキュラムに統合したという経緯が
あります。

これは、一度限りのレクチャーでは理解が不十分だったり忘れてしまうのに対し、DVDによる学習
なら理解が充分でない部分を何度かくり返して学習できるため、結果としてより大きな学習効果
と理解度が得られるものと思われます。

もちろん、わからないところは随時質問して解消できますし、さらに東京と大阪で定期開催される
「スクーリング」で直接の指導を受けることもできます。

このカリキュラムの採用により、沖縄から北海道まで全国の方、
そして子育てや介護、お仕事などでお忙しい方にも余裕を持って学んでいただいています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「自然療法フットケア講座」の卒業生さんが、足に関する本を出版されました!!上田恵子さん...

アーカイブ