よくある質問(Q&A)

タコや角質は削らずにどうケアするのですか?

 [記事URL]

タコや角質は、皮膚に摩擦や圧迫といった物理的なストレスが継続的にかかった場合に、
身体が身体を守ろうとして皮膚を肥厚させることによってできるものです。

この物理的なストレスとは、現代人にとってはほぼ例外なく「足と合っていない靴」から
もたらされるもので、靴が小さすぎても大きすぎてもタコ・角質の主原因となります。
プラス、女性の場合はパンプスという衝撃吸収性に乏しいタイプの靴を好んで履かれますので、
路面が硬い舗装道路を歩くとさらなるストレスを前足部とかかと部にもたらします。

もともと身体が危機感を持って身体保護のために作ったものがタコや角質なのですから、
人工的にそれをヤスリなどで削っても、一時的に目立ちにくくするだけのことであり、
削られれば、身体はもっと頑張ってタコ・角質を作ってきますので、まさにイタチごっこ、
削っても削ってもまたさらに削らなければならなくなるわけです。

これは、ドイツ式フットケアのお店などで経験され、疑問に思った方も多いことでしょう。
タコ・角質を「削る」ということは身体の生理に反することで、ある意味逆効果とも言えます。

それでは、どうすれば生理的なケアができるのでしょうか?
自然療法フットケアでは、症状のケアはその症状の発生原因を軽減することから考えます。

よって、靴の適正サイズの選び方とサイズ調整により、靴との摩擦や圧迫を削減します。
さらに、タコ・角質ができている場所(概ね、前足部ー足趾の付け根部とかかと部)の中敷に
高性能の衝撃吸収材を使用します。

歩きグセが関与していると思われる場合は、ストレスポイントに負担をかけない歩き方の調整、
を加えることで根本的に治ります。

タコや角質が気になって、フットケアに興味を持つ方も多いと思います。
ぜひ、入り口で身体の生理に沿った、波及効果の高い自然療法を選んでいただきたいと
願っております。

 


どの講座から始めればいいですか?

 [記事URL]

「基礎理論」と「シューズセラピー」から学んでください。

いま、足のトラブルを解決しようと思ったら「靴の弊害」をさけては通れません。
足に対する靴の悪影響を、可能な限り排除することから有効なケアが始まります。

「基礎理論+シューズセラピー」の土台の上に、ウォーキングセラピーや
レッグトリートメントを学ぶと、しっかりとしたフットケアの体系が出来上がります。

なお「基礎理論」については、足の解剖学をすでに学ばれた方(医師、看護師など)は、
省略されても構いません。


通信講座で技術を覚えられるか心配です。

 [記事URL]

自然療法フットケアのシューズセラピーとウォーキングセラピーの講座は、

「DVDを中心としたホームスタディ+スクーリング」のカリキュラムを採用しており、

一歩進んだ通信講座の進化系として大きな成果を上げています。

そして、それには重要な理由と裏付けがあります。

それは、「この技術を修得するのに重要なのは、レクチャーだ」ということです。
各講座には、足の診断、インソール作成、テーピング、歩行矯正インソール、
歩行レッスンなどの実技がありますが、実技そのものについては誰でも容易に覚えられます。

むしろ問題なのは、実技の前提となる足の問題、靴の問題、歩行の問題の「正しい理解」です。
そのため「レクチャーの理解度」が技術修得の最重要ポイントになるのです。

実は、以前は通学スタイルの講座も開講しておりました。
が、通信制で学んだ生徒さんたちの成績が通学制の生徒さんを圧倒し、
その後すべてを通信制カリキュラムに統合したという経緯があります。

これは、一度限りのレクチャーでは理解が不十分だったり忘れてしまうのに対し、
DVDによる学習なら理解が充分でない部分を何度かくり返して学習できるため、
結果としてより大きな学習効果と理解度が得られるものと思われます。

もちろん、わからないところは随時質問して解消できますし、
さらに東京と大阪で定期開催される「スクーリング」で直接の指導を受けることもできます。

このカリキュラムの採用により、沖縄から北海道まで全国の方、
そして子育てや介護、お仕事などでお忙しい方にも余裕を持って学んでいただいています。


外反母趾が進行したお客さまへの対応

 [記事URL]

 外反母趾のかなり進行されている方から問い合わせあり。
 指が他の指の上に重なっているようです。

 普段どおりの外反母趾ケアでいいのでしょうか?
 気をつけるべきところはありますか?

【スクールより】

以下の点に注意してください。

・テーピングの際、外反母趾を無理に引っ張らないこと
 痛みが出ない程度にすること
・立っているだけで痛い、MP関節に水が溜まっている、
 といった進行が進んでいるケースでは、
 自然療法フットケアでは対処できない可能性があります。
 その場合は整形外科の受診が必要かも知れません。
・進行がそこまで重度でなければ通常通りの外反母趾ケアを
 足・靴・歩行の3方向から行うことが適切です。


左右のサイズ差が大きなお客さまの靴えらび

2017-07-28 [記事URL]

小学生の時にアキレス腱の手術を受けられたことがあるお客様。

足のサイズは足長:右200、左218  足囲:右213、左222 です。

コースの中で、シューズセラピーをするにあたり、
1足目はウォーキングシューズでしたので、左足に合わせたサイズ選びで
何とか対応させてもらったのですが、
シューレース以外の靴選びでは、スクールで教えていただいたような
大きい方のサイズに合わせて・・・というのでは、
無理があるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

左右のサイズ差が大きすぎる場合、
お金は倍かかるけど、左右のそれぞれのサイズで購入して
片足ずつを利用するという方法を書いているブログを見つけたりしましたが・・・。

【スクールより】

まず、通常の調整方法でやってみることです。

結果、足囲での調整では難しい場合は、

1)足長で多少妥協する。このケースでは21.5mを試してみる
2)ストラップ付き、ひも靴タイプ、ブーツで対応する

それも無理なら
3)2足購入する、セミオーダーを検討する
といった対応を考えることになりますね。


足の指の長い人の靴えらび

 [記事URL]

今日いらっしゃったお客さまですが、非常に足の指が長く、とくに人さし指が長く、
通常の靴の捨て寸では足りず、ひどいハンマートゥ&指タコ状態でいらっしゃいました。
開張足がひどく、かなり外だおれがひどい状態でしたので、横アーチパット+RWで調整しました。

こういった方の靴を選ぶポイント等を、是非教えてください。
また、指が長い方向けにお勧めの靴ブランドがありましたら、教えてください。

【スクールより】

足の指が長い場合には、
足長をオーバーサイジングして捨て寸を長めにとり、
靴の先のカーブを先送りして母指・小指の圧迫を避けます。

足長を余分にとることで足囲もその分ゆるくなりますので、
基本的に細めに設計された靴を選ぶことになります。
(その上でさらに甲で締めたり、ころしを入れたりの調整)
靴の先のカーブはあまり急でない方がよいです。

ブランドで言うと、スポーツ系になりますが
Reebokは指の長い人に向いていると思います。

パンプスでも「細長く」見える靴を探して、
足長をオーバー気味にして試足してみればいいでしょう。


足長に左右差がある場合の調整

 [記事URL]

足長の左右差が5mmある方がいます。(右が小さい)
靴のサイズは、左に合わせて買っています。
その場合、右にはどのような調整をすればよいでしょうか。

【スクールより】

足長に左右差がある場合は、
大きい方に合わせて購入し、左右それぞれの足囲を
プレーンシートで調整すれば大丈夫です。

ご質問のケースでは、右の方に多く入れます。


インソールは、どこかに発注するのでなく自宅で手作り出来るのですか?

 [記事URL]

当校が採用しているインソールのシステムは、
あらかじめ工場で生産されている数種類の専用パーツを、
足の状態などに応じて効果的に組み合わせ、その方のための
オーダーメイドインソールをその場で手作りする方式です。
作成には、特別な機械や装置は不要で、ハサミと両面テープがあれば十分です。
足の状態によって適切なパーツを選んで必要ならハサミでカットを入れ、
各パーツを狙った位置に両面テープで貼り付けていきます。
(パーツは靴の中敷の下に貼り込むので外からはわかりません)

位置の修正なども簡単にできますので、実際に歩いてみて再調整したり、
足の状態の変化に対応することも容易です。
また、パンプス、サンダル、ブーツなど、ファッション性の高い靴でも
対応できるため、女性ユーザーからは圧倒的な支持を得ています。

※日本でもオーダーメイドのインソールが多く見られるようになりましたが、
この点がクリアーされなければ、インソールの本格普及はない、と
当校では認識しております。

認定サロンとなる時の必要な条件は何ですか?費用はかかりますか?

 [記事URL]

ホームページなどに自然療法フットケアの背景説明が明確に記載され、
サロンのメニューに適切に組み込まれていることです。

書き方やメニューの作り方がわからない方にはアドバイスをさしあげます。

サロンの認定にかかる費用はありません。


資格取得後、その資格を維持する為に会費などの費用が発生しますか?

 [記事URL]

しません。会費、登録料、認定料など一切ありません。


インソールパーツの仕入れ価格と販売価格は?

2017-07-22 [記事URL]

パーツをたくさん使わなければならないケースと少しで済むケースでは、

かなりコストが違ってきます。

少ない場合で1足分(左右)800円程度

多い場合で1足分(左右)1,200円程度

を目安とされてください。

販売価格は、パーツをどれだけ使ったか、で決めるのではなく、

1足分のインソール作成の技術料(パーツ代込み)として

メニューにすることをオススメします。

大体、1足分を6,000円〜10,000円で提供しています。

なお、インソールは実際にある程度の時間を歩いて見ないと足の状態、靴の状態、歩行の状態に

フィットしたものになっているかわかりません。そのため、必ず3ヵ月程度の保障期間を設け、

インソールの具合がよくない場合に「再調整」を無料で行うシステムにしておくと、

お客様もサロンも安心してメリットの多いインソールによるケアを取り入れることができます。


インソールパーツの耐久性はどれくらいですか?

 [記事URL]

パーツの耐久性ですが、2-3日に一度の外出に使われたとして、

高衝撃吸収性シート→ 6ヶ月
アーチサポートパッド→ 1年
歩行矯正パッド→ 2-3年
(通常、それ以前に歩行の歪みが正常化するのでハズします)
くらいを目途に交換を考えてください。


「自然療法フットケア講座」の内容をよりよくご理解頂くための資料を無料でお送りしております。

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

TEL
HOME