よくある質問(Q&A)

先の細い靴の捨て寸の取り方

 [記事URL]

【スクールより】

捨て寸をとる目的は、
「ゆびが自由に動く=ゆびに力が入れられる」ということです。
したがって、前からも横からも靴で束縛されたくありません。

先の細くなっている靴では、
つま先の余裕はとれても、横からの圧迫を受けやすいので
これはなるべく避けたいところです。

対処法としては、足長を大きめにとって、先細になる部分を
「先送り」することで改善します。
捨て寸を、余分にとっているような状態になりますので、
その分、足囲もゆるくなるのでプレーンシートでころしを締めて対応します。

スニーカーとくらべて、どうしても両端のゆびの圧迫感が出ますが、
ギューっと靴の革で押されている(靴の革の上から指が押し上げているのがわかる)
といった状態を避けてもらえれば、大きなトラブルには至りません。

常にスニーカーで過ごせるなら、その方が苦労しませんが、
そうもいかない方が大半ですので、オシャレな靴でも何とかするのが、
実践的には重要なスキルになったりしますので挑戦してくださいね。


巻き爪や外反母趾をケアする際の注意事項

 [記事URL]

シューズセラピーやウォーキングセラピーを
巻き爪の人や外反母趾の人に行う際、
注意する事やポイントがあれば教えて下さい。

【スクールより】

巻き爪や外反母趾の場合、
足・靴・歩行の整備がしっかりできるまで
必要以上に歩かないことがポイントです。

また、患部に炎症が起きていたり、
足・靴・歩行のケアでは痛みが消えない場合は、
医療機関の受診もおすすめください。


代表的なX脚の方へのケアプランを教えてください。

 [記事URL]

代表的なX脚の方へのケアプランを教えていただけますか?

【スクールより】

X脚の標準的なケアプランは、以下のようになります。

・トリートメント、ストレッチ(以後も続ける)
・靴の整備(安定性の向上、フィッティングの改善)
・テーピング
・アーチサポートパッド
・振り子レッスン
・状況によってRW、FWの使用
・ウォーキングフォームの修得
・ウォーキングの実施
→骨格の正常化によるX脚の是正


個別のケアプランご相談

 [記事URL]

小指付け根、第二趾付け根、親指横に3点セットのタコがあり、
フットプリントには、小指付け根のタコの方が強くでます。
20代前半、まだ学生さんです。
へん平足、外反母趾、冷え、足全体も太くなっています。
トウイン・トウアウトはありませんし、O脚もX脚でもありません。

プレーン、アーチサポートパッドはもちろんですが、
歩行矯正ウェッジをどう使うか使わないかで迷いが生じています。
アドバイスいただければ幸いです。

【スクールより】

この状態ですと、歩行矯正ウェッジを使うのは躊躇されますので、
まず歩行の安定性を高めるという点から3軸、
外側への体重移動を受け止めるという点からLTを外側に入れ、
その上で歩行レッスンを施しながら経過を見てはどうかと思います。

外反母趾が心配な状態なら、フロントウェッジやテーピングを検討します。

以上、ご参考にされてください。


子供の爪が巻いているようです。

 [記事URL]

子供の爪についてです。
爪が伸びてきたときにまっすぐではなくユビに沿って足裏の方へ
巻いていきます。

これはどういう状態なのでしょうか?
正常なもので放置していて良いものなのでしょうか?
異常なものならばなにか対処をした方がよいのでしょうか?

【スクールより】

メールの記述からですと巻き爪の疑いがあると思います。

自然療法フットケアの対処法としては:
・靴の捨て寸をとる
・甲でしっかり止める
・趾に力を入れるクセをつける
・場合によってはテーピングや3軸で横アーチをサポート
・RW、FW
となりますが、爪の状態の改善には時間がかかります。

もし、状態が悪い(痛みがあるなど)とかご心配な状態であれば、
巻き爪治療を行っている皮膚科や整形外科を受診されて
対症療法が必要かどうかを検討してみてもいいでしょう。


ソシアルダンスが趣味のお客さまの足のケア

2013-02-26 [記事URL]

私の働いているお店のお客様でソシアルダンスがご趣味の方がいます。
凹足でアキレス腱も硬く、スネは勿論、太腿までかなり硬くなっています。

こういった場合、通常ならローヒールの靴をオススメしてなるべくご自宅でも
ケアしていただくようアドバイスするのだと思いますが・・・
かなり熱心にダンスをされているので、大会前だと1日中レッスンしたり
しているそうです。
しかも仕事のお付き合いの関係でゴルフにも定期的に行かれるそう。

ご自信でのケアが難しいようなので、この場合は
レッスン以外の時はなるべくローヒールの靴を履いてもらう。
定期的に足のほぐしを受けにきてもらう。
をして、気長に対応するかたちで良いのでしょうか?

【スクールより】

足の筋肉の硬直がひどくなると、筋肉に炎症が起きて痛んだり、
アキレス腱の断裂や肉離れなど思わぬ大きなケガにもつながりますので、
少しでも柔軟性を回復するようなケアを継続する必要があります。

望ましいケア法:

・普段履く靴のヒールは低くしたいのですが、あまり低いと違和感が
 強くなって敬遠するケースも多いので受け入れ可能な低さにしてください。
・足裏~ふくらはぎ~ふとももの硬直をゆるめるトリートメント
(練習後や大会の前後などは特に重点的に)
・自宅ではストレッチがおすすめです。
・アーチサポートパッドによるマッサージ効果も利用します。
 3軸に高さを出すためプレーンシートを同じ形にカットして下敷きにし、
 足裏を軽く押上げる程度にセッティングします。
・ここまでのケアにウォーキングセラピーを加えます。
 特に、足のローリングを意識した正しいフォームのウォーキングは、
 フットとレッグ全体の筋肉の柔軟性を回復するのに有効です。

凹足の人が急に歩くと危険ですから、足と靴のケアをまず先行させて
コンディションを回復させてからウォーキングセラピーを導入していきましょう。
いずれにせよ、長丁場のケアの継続が必要になりますが、
ソシアルダンスを楽しむためにはそれなりの足のメンテナンスが必要と
認識してもらいましょう。


足の冷え取りについて

 [記事URL]

私は冷えとりをしています。
冷えとり用のゆったりした靴下(一番下は5本指ソックス)を何枚も重ねて
履くのですが、(現在は4枚程度)これはフットケア的には良くないですよね…。

アーチサポートパッドなど入れても効果は出ないと考えた方が良いでしょうか。
靴下の枚数を減らしたいけれど、足が冷えるのが辛くてなかなか難しいです。
両立は無理なのでしょうか…。

何かアドバイスがあればお願いします。

【スクールより】
冷えに対してソックスを何枚も重ねる(外から暖める)というのは
典型的な対症療法ですので問題の解決にはつながらず、
むしろ症状がさらに悪化してしまう恐れもあります。

問題解決のためには、からだの内側からの発熱量を増やすこと、
つまり代謝を活発化させることです。

具体的には、
(1)栄養バランスを整える(特にビタミン、ミネラル類の不足を補う)
(2)末端までの血流を促進して細胞まで栄養を届ける
→この部分を改善ケアするのが、まさにウォーキングセラピーです。
正しく歩けばからだが内側からぽかぽかしてくるのがわかります。
「冷えは、歩いて解決せよ!」です。

外から暖めることに頼り切っていると、からだ本来の代謝機能も低下してきてしまいますので
少しずつで構わないので靴下の枚数を減らしていき、その分を上記のケアで
本来の代謝アップでカバーするようにしてくださいね。
なお、5本趾ソックスは趾を刺激して使いやすくするので○です。



PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

CONTACT
HOME