自然療法フットケアの青山フットケアアカデミー

afa_logo_s.png


タコ・魚の目の原因とケア法



いつの頃からか、足の裏にくっついて離れないタコ・魚の目(ウオノメ)。お風呂上がりに自分で削ってもまた再発する、そんなことを繰り返していませんか? 「もう治らないかな」とあきらめている方もいませんか?

タコは皮膚が「肥厚」して分厚くなったもの。タコが発展して魚の目と言われる芯が皮膚の深いところまで伸びていくと、神経に触れて痛みを生じます。 歩くたびに痛むようなら、かなりつらいですね。タコ・魚の目のできているところには過度な圧力や負担、衝撃などからだに悪いストレスが「継続的に」かかっています。タコ・魚の目(ウオノメ)は足が悲鳴を上げているSOSサインだということに気づいてあげましょう。

タコ・魚の目の根本原因は何?

足の特定の部分に毎日継続的に圧力や衝撃が加わると、からだの防御反応として(つまりからだがその部分を攻撃から守ろうとして)皮膚を厚くしていきます(皮膚の肥厚)。よく耳にする「角質」とは、その部分の皮膚細胞が死んだ「カス」のことです。そしてその角質がもっと硬くガンコな状態が「タコ」、さらに圧力がかかり続けて角質層の下に「芯」ができてしまうのが「魚の目(ウオノメ)」です。

特定の場所に過度な圧力、衝撃が加わる原因は、

leaf.png足のアーチが低下した状態(開張足)で舗装道路を歩くこと。
leaf.png歩き方のゆがみにより、足の内側または、外側に過度な体重をかけていること。
leaf.png足と靴のフィッティングが悪く、継続的に摩擦を生んでいること。
leaf.png薄いソールのパンプス、サンダル、ミュールを履いて舗装道路を歩くこと。
leaf.pngヒールの高い靴で、前足部に過度な体重をかけていること。

これらが根本的な原因ですからタコを削ることは典型的対症療法に過ぎず、いくら削ってみても原因がなくならない限りタコが無くなることもありません。

それどころか、皮膚を守ろうとするからだの防御反応が強くなり、ますますタコを硬くさせることになってしまいます。 さらに削りすぎると皮膚を痛め、真皮を傷つける、血が出る、バイキンが入って炎症を起こす、などの恐れがありますので削るのは最低限にしておき、根本原因を減らすケアをするのがポイントです。



自然療法フットケアによる具体的ケア法としては、タコ・魚の目(ウオノメ)の原因になる「特定の部分への過度な圧力」を徹底して排除するだけです。

leaf.pngタコ・魚の目の部分を、特殊な衝撃吸収材で保護し圧力を軽減
leaf.png靴の選び方の改善により、タコ・魚の目の部分へ圧力を軽減
leaf.png開張足にはテーピングにより、足裏中央への過度な圧力を軽減
leaf.png歩き方の改善により、タコ・魚の目部分への過度な圧力を軽減

これらのを毎日の生活で徹底して行い、しばらく様子を見ます。

足裏の皮膚のリニューアルは約30日程度と考えられますので、通常は2~3ヵ月でタコは自然に消滅(新しいやわらかな皮膚に交代)していきます。

タコであれば通常痛みもないので削ったり余計なことをせずに、このケア法できれいに消失させてください。また、タコ魚の目(ウオノメ)まで発展していて痛みがある場合でも、多くの場合はこの方法で対応でき、痛みを消すことができます。(自然療法的ケアで痛みがなくならず、それに我慢ができない場合は、皮膚科などの病院で魚の目を除去する外科的施術を受ける相談をしてください)

タコ・魚の目を根本原因からケアすることは、足と靴と歩き方の改善にもつながり足とからだの健康度も向上させることになりますから、積極的にタコ・魚の目退治に取り組んで欲しいと思います。

当スクールでは、自然療法フットケアに必要な「足・靴・歩行」のケア技術を、あなた自身が簡単に身につけられるようさまざまな講座を開講しています。

そしてこの自然療法フットケアを身につければ、さまざまの足の問題が根本的に解決でき、ご家族や周囲の方にしてあげて喜んでもらうこともできるのです。


自然療法フットケア講座(マスターコースの例)
textpic_s.jpg







markcity2.jpg
afa_logo_s.png
青山フットケアアカデミー
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティWest 22F

お問い合わせはこちら