自然療法フットケアの青山フットケアアカデミー

afa_logo_s.png


膝痛・腰痛の原因とケア法



膝が痛い、腰が重い、といった症状はなった人にしかわからない、毎日が憂鬱になるような症状です。

膝痛で日本人に圧倒的に多いのが「変形性膝関節症」です。簡単に言いますと膝の関節は上下ふたつの大きな骨が直列にジョイントする場所ですから、骨と骨が直接ぶつからないように、やわらかい軟骨で間を埋めてクッションの役割を持たせています。

ところが膝にとって間違った関節の使い方(膝関節にねじれや片減りを生じるような歩き方、など)が続くと、膝の軟骨がすり減ってきてついには骨と骨が直接ぶつかるような状態になって激痛が走ります。その時までには、膝関節はギクシャクしたりガクガクした状態になっています。

腰痛の場合は、さまざまなタイプがありそれぞれに症状が違いますが、足もとから来るのは腰に張りがあったりだるさ、重さ、そしてO脚を伴ったりするもので、腰の位置が左右でズレていたりします。整体などで腰のズレを調整してもらっても、3~7日くらいでまた元に戻るのが典型的な症状です。病院では「年のせい」などと簡単に片付けられてしまうこともあります。

膝痛・腰痛の根本原因は何?

変形性膝関節症の多くは「扁平足・開張足」、「足の疲れとコリ」、「構造の悪い靴の常用」、その結果としての「歩き方のゆがみ、つまり歩いた時の膝関節の間違った使い方」によって引き起こされています。膝の関節が変形して痛みなどの症状が出るには数十年かかるとされていますから、若い内から少しづつ症状を進行させているのに気づいていないということになります。歩き方に自信のない方、毎日悪い靴をはいている自覚のある方、膝がぎくしゃくする感覚のある方は、今から足・靴・歩行に問題がないか疑ってみた方がいいと思います。膝のトラブルは外反母趾と同様、早期ケアがいちばん効果的ですから。

腰痛の場合は、からだの上の方から来るもの、心因性のものがありますが、からだの下(つまり足)の方から来ているものも多く存在します。足からの腰への負担は、「扁平足・開張足」、「足の疲れとコリ」、「構造の不安定な靴」その結果としての「からだの外側に重心が抜ける歩き方」によって日常的に起きています。また、足の左右の大きさが違う、足の脚長差、足のコリの状態の差、など左右のアンバランスによって腰に負担が来ている場合もあります。

このような根本原因をケアせずに対症療法的なケア法だけに頼っていると、根本的な解決にならず治療を漫然と続けることになりやすいのです。



自然療法フットケアによる具体的ケア法としては、

leaf.png硬くなった足を柔軟にほぐし、足の動きを良くするトリートメント。
leaf.pngたて・よこのアーチを靴のインソールから人工的にサポート。
leaf.pngよこアーチをテーピングでサポートし、足の趾を使いやすくする。
leaf.png足裏で負担が重くなっている部分を靴の衝撃吸収材で保護する。
leaf.png膝や腰に負担となる体重のかかり方を歩行矯正インソールで調整する。
leaf.png歩き方のゆがみを矯正し、正しいフォームで日常歩行する。

以上のような対策を総合的に継続することで、確実に足から来ている膝や腰への過度な負担に歯止めをかけ、痛みや不快感の軽減、状態の回復への力強いサポートとなります。

膝や腰への負担を軽減することは生理的ウォーキングを安定的にすることができ、末端からの血流を改善します。からだの生理機能を高める生理的ウォーキングは、免疫力を高め、からだの代謝を増やし内臓脂肪を燃焼する、など健康と美しさに大きな影響があります。

ただし、膝痛・腰痛対策として活用する技術は数種類あり、順序正しく慎重に施術していく必要がありますので、自然療法フットケアの理論をよく学んでからケアを進めてください。

当スクールでは、自然療法フットケアに必要な「足・靴・歩行」のケア技術を、あなた自身が簡単に身につけられるようさまざまな講座を開講しています。

この自然療法フットケアを身につけて実践すれば、長年の足の悩みを根本的に解決することができ、ご家族や周囲の方にしてあげて喜んでもらうこともできるのです。


自然療法フットケア講座(マスターコースの例)
textpic_s.jpg







markcity2.jpg
afa_logo_s.png
青山フットケアアカデミー
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティWest 22F

お問い合わせはこちら