自然療法フットケアの青山フットケアアカデミー

afa_logo_s.png


巻き爪の原因とケア法



巻き爪とは本来ならまっすぐ伸びる足の親指(母趾)の爪が、靴の圧力でまっすぐ前に伸びることができなくなり、爪が横方向へ”巻いて”成長してしまう状態を言います。母趾の肉に食い込んで痛んだり、化膿してしまったり、靴を履いて歩くと痛むなどの症状があります。

巻き爪の根本原因は何?

母趾の爪がまっすぐ伸びることが阻害されているのが原因です。
そうなる原因として考えられるのは、

leaf.png開張足のため足幅が広がり、靴と母趾の爪がバッティングしている。
leaf.png先の尖った靴を履くことにより、靴と母趾の爪がバッティングしている。
leaf.png足が靴の中で前すべりをお越し、靴と母趾の爪がバッティングしている。
leaf.png歩き方が母趾方向にゆがんで抜けて、靴と母趾の爪がバッティングしている。

といった、日常生活における足・靴・歩行の問題です。



対症療法的には「巻き爪を切る」方法や「形状記憶合金による矯正」が普及しつつあります。 しかし、治るのにかなり時間がかかるようです。自然療法的なケア法でも治すのには時間がかかりますが、同時に靴や歩き方の改善もできるので足の環境と健康度が向上するのが大きなメリットです。

具体的には、

leaf.png足と靴のフィッティングを調整し、前すべりを防止する。
leaf.pngヒールを低めにして前足部への圧力を軽減する。
leaf.png歩行矯正パッドの装着により、母趾方向へかかる圧力を軽減する。
leaf.png3点アーチを人工的にサポートするインソールを装着する。
leaf.pngよこアーチテーピングにより、母趾と靴のバッティングを軽減する。

これらの施術を徹底して行い、しばらく様子を見ます。

母趾の爪に横方向からかかっていた圧力が軽減し、母趾の爪が真直ぐに伸びるのを邪魔しないようになれば、自然に爪は巻かなくなっていきます。徹底して圧力を取り除いてあげないと簡単には回復しませんが、根気よくこのケア法できれいな爪を回復させてください。「形状記憶合金による矯正」を併用しても問題ありません。

巻き爪を根本原因からケアすることは、足と靴と歩き方の改善にもつながり足とからだの健康度も向上させることになりますから、足全体のためにもぜひ根気よく取り組んでみてください。

当スクールでは、自然療法フットケアに必要な「足・靴・歩行」のケア技術を、あなた自身が簡単に身につけられるようさまざまな講座を開講しています。

そしてこの自然療法フットケアを身につければ、さまざまの足の問題が根本的に解決でき、ご家族や周囲の方にしてあげて喜んでもらうこともできるのです。


自然療法フットケア講座(マスターコースの例)
textpic_s.jpg







markcity2.jpg
afa_logo_s.png
青山フットケアアカデミー
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティWest 22F

お問い合わせはこちら