自然療法フットケアの青山フットケアアカデミー

afa_logo_s.png

noguchi2.jpg自然療法フットケア修了者
野口 貴子 さん

東京・中央区のマンションでトータルフットケアサロンを主宰されています。

この仕事を始められたきっかけは何ですか?

大学のときに英国留学をしたのですが、その頃からアロマテラピーには興味を持っていました。卒業して、商社で秘書としてはたらいたり、イギリス政府の在日機関でマネージャーを勤めたり、忙しく仕事に没頭していました。

転機になったのは「今の仕事は一生続けられるか」ということに疑問を抱いたことです。

大学で心理学を学んでいたこともあり、こころとからだから人を元気にする「癒し」の世界へ方向転換して、スクールで勉強をはじめることにしました。

そのときに出会ったのが、当校の自然療法フットケアです。

「足」「靴」「歩行」は一体にしてケアしなければ根本的には直らない、という考え方には素人の私にも、直感的に感じるところがありました。

サロン開業時のことをお聞かせいただけますか?

walking_noguchi.jpgこの仕事をやるなら開業、それも個人開業、と思っていました。

長く続けたかったですし、マイペースで無理なく仕事をするにはそれがベストと考えました。

そのためには、とにかくサロンの「特徴=ウリ」が必要と思い、シューズセラピーやウォーキングセラピーを積極的に取り入れ、トリートメントもレッグアロマ(ふくらはぎ・ふともも)の施術を前面に出して他にない特徴をアピールしています。
noguchi_treatment.JPG特によかったと思うのは、足・靴・歩行をトータルにケアするための5~8回の「コース」の存在です。

コースのおかげで意識の高いお客さまを呼び込むことができ、継続してお世話することで信頼関係を築くことができました。

これは、セラピストとしての自信にもつながりましたね。


サロンのお客さまはどんな方が多いですか?

councelling room.jpgサロン周辺にお勤めの女性と、足のトラブル解決で遠くからでもご来店される方が半分ずつくらいです。ホームページとブログやご紹介からが大半です。

私のサロンは「超プライベート」を謳っていますが、その一番の理由はお一人お一人のケアをしっかりと丁寧に行いたかったからです。

料金もけっしてお安くはないのですが、お客さまお一人にかける時間は2~3時間以上にもなります。

treatment room.jpgそれだけ中身の濃い根本的なフットケアを望まれているお客さまにご支持いただいています。

スクールで習った共感(シンクロニシティ)マーケティングをそのまま実践しているといった感じです(笑)。

最近は予約枠を増やして目一杯設定していますが、2~3ヶ月先まで予約が入らない状態が続いています。

野口さんのサロンのHP

LinkIconトータルフットケアサロン「リセット」

LinkIcon開業中の卒業生インタビュー(一覧) へ戻る

自然療法フットケア講座(マスターコースの例)
textpic_s.jpg







markcity2.jpg
afa_logo_s.png
青山フットケアアカデミー
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティWest 22F

お問い合わせはこちら