岩崎 敦子さん

自然療法フットケア修了者
岩崎 敦子さん

東京都・国分寺市のご自宅でホームサロンをオープンされました。

この仕事を始められたきっかけは何ですか?

私の足は中学生の頃には外反母趾になっており、高校では、スポーツで膝の手術も経験しました。

社会人となり、人材派遣会社の営業で外回りの日々、トラブルを抱えた足にヒール靴を履いて歩き回り、ふくらはぎもタコも硬く育ててしまいました。

足のむくみや疲労感を何とかしたいとマッサージやリフレクソロジーを受けるようになり足への施術だけで全身の疲労感が和らぐことを不思議に感じると共にこの仕事への興味が高まりました。

技術を学ぼうと様々なスクールの説明を聞く中で、非常にオリジナリティが高く、共感できたのがAFAの自然療法フットケアでした。

トラブル対策を病院や専門家に丸任せするのではなく、自身で原因を理解 し、セラピストと二人三脚で取り組め、そして、改善を実感できるとても優れた技術だと感じています。

サロンを始めてみて、どんな反応ですか?

子育てや主婦業と両立しながらできる範囲で自然療法フットケアを広める活動の幅を広げたい、との思いから、自宅の一室を使ったプライベートサロンをオープンしました。

知らず知らずのうちに足のトラブルを進め酷い状態にしてしまう方が昔の私自身を含め大勢います。

そういう方は残念ながら今後更に増え、自然療法フットケアの活躍の場はますます広がりそうだな~と考えています。

ご縁あって対応させていただいたお客様は、足の基礎的な構造や靴選びなどの基本からとても熱心にお話を聞いていただけるのでやりがいを感じます。

今後も日本人の「足力向上」に微力ながら貢献したいと思っています。

岩崎さんのサロン
一期一笑(いちごいちえ) 足・靴・歩行のお部屋
※ホームページはありませんので、ご利用されたい方はスクールまでご連絡下さい。

保存保存