大河内 幹子さん

自然療法フットケア修了者
大河内 幹子さん

愛知県・名古屋市で初の自然療法フットケア専門サロンを主宰されています。

大河内さんのサロンのHP
自然療法フットケア専門サロン「歩こ&歩こ(ぽこあぽこ)」

自然療法フットケアを学ばれたきっかけは何ですか?

足のトラブルにはいつも悩まされ続けていました。高校生の頃には外反母趾の症状が出始め、社会人になってからは足のむくみがひどくなりました。

朝起きた時から重だるく、少し歩いただけで疲れてしまう足。横幅が広めの靴を履いていても痛くなる外反母趾。そして足裏にできた大きなタコ、変形した爪、足の冷え。

また、外反母趾や開帳足によって、横に広がったり変形してしまったパンプスを見られるのも恥ずかしかったですね。

でもこれら慢性的なトラブルに対し、私はもう半ば諦めかけていました。

そんな時、AFAの「自然療法フットケア」に出会ったのです。対症療法に頼らず、「足」「靴」「歩行」をトータルにケアするメソッドに目から鱗が落ちました。

「もしかしたら私の足も治るかもしれない。」直感的にそう感じ、このメソッドを学び、身に付けたいと思いました。

サロンを開業しようと思われた経緯について教えてください。

『もし身近に自然療法フットケアのサロンがあったら行ってみたい。』と感じたことが、サロンを開業しようと思ったきっかけだったように思います。

「フットケア」を謳っているサロンは世の中にたくさんありますが、足のトラブルを原因から根本的にケアするサロンを私は知りません。

私のように慢性的な足のトラブルで悩んでいる女性はたくさんいると思います。「足は第2の心臓」と言われるほど大切な部位にも関わらず、「しょうがない」と諦めている女性が多いのではないでしょうか。

そして「その場しのぎ」の方法で我慢している方が多いのだとしたら。。。かつての私がそうだったように。

そんなお悩みをお持ちの方に、根本的な改善方法をご提案し、ご自分のからだを見つめ直すきっかけの場をご提供できれば、と思いました。

開業する際に困ったことや不安なことなどありませんでしたか?

サロン開業にあたって不安なことも多々ありましたが、AFAは受講生のみならず、卒業生や開業希望者に対しても、サポート体制がしっかりできているので安心感がありました。

また、全国各地で活躍されている諸先輩方の存在も励みになりました。拝見させていただいたホームページも、同じコンセプトの下で営業されているからこそ、とても参考になりました。

開業準備で一番悩んだことがメニュー構成と価格設定でした。AFAへメールで質問したところ、的確な助言をいただき、また出来上がったホームページをチェックしていただけたのも安心感に繋がりました。

足と脚に特化したサロンということで、他のサロンにはない特徴をアピールし、頑張っていきたいと思っています。

サロンでのお客様の反応や今後の抱負をお聞かせください。

お客様の反応は、以前の私自身の反応に似ているように思います。

目から鱗が落ちるがごとく「なるほど~」と思われる方が多いです。ご自分の足の状態を知って靴を買い替えたり、日常生活の中でできるケアをされたりと改善へ向けて取り組んでいただけることに嬉しさを感じます。

また、足の健康に気を使うお客様は、全身の健康に気を使われている方が多いように見受けられます。

私もAFAでの勉強を通じ、足の健康は全身の健康に繋がっていることを学んだことにより、「健康」に対しても興味がわき、「健康」に関する資格も取得しました。

既に取得済みの栄養士の資格と合わせて「足のこと」「食事のこと」「健康のこと」についてトータルでケアできるセラピストを目指していきたいと思っています。

サロン名『歩こ&歩こ』の読み(ぽこあぽこ)は、スペイン語で「少しずつ」とか「ゆっくり」というニュアンスの言葉です。長い時間をかけてトラブルをおこした足は、一朝一夕ではよくなりません。

時間をかけてゆっくり気長に、そして少しずつ根気よくケアを続けていただければというコンセプトに合った言葉だと思い、「poco a poco」に歩くことの大切さ楽しさを感じていただけるよう「歩こ&歩こ」の字を当てはめました。

自然療法フットケアの素晴らしさを一人でも多くの人にお伝えできるよう努めていきたいと思っています。

大河内さんのサロンのHP
自然療法フットケア専門サロン「歩こ&歩こ(ぽこあぽこ)」

保存保存