O脚・X脚

O脚・X脚

2013-07-13

どんな症状?

自分の脚に自信が持てない人は、とても多いと思います。
キレイな脚を目指すなら、O脚・X脚は何とかしたいものですよね。

一般にO脚とは、足首をつけると両膝の間にすき間ができてしまう状態を言い、
最近急増中のX脚とは、膝をつけると足首が離れてしまう状態を言います。
ミニスカートから真直ぐに伸びた足を出したい、というのは多くの女性の持つ願望です。

ところでこのO脚とX脚、見た目だけではなく、足とからだの健康面でも問題が多いのです。
O脚・X脚だと、膝や腰の関節に余計な負担がかかり、膝痛、腰痛の原因となります。
また、血流が悪くなり冷え・むくみが発生しやすく、歩行が不安定になるため外反母趾・内反小趾、
タコ・魚の目などさまざまなトラブルを一緒に引き起こす可能性が高いのです。

O脚・X脚を原因からきちんとケアすることは、足の美しさとからだの健康の両面でメリットがあります。


O脚・X脚の発生原因は? 

O脚・X脚の根本原因は立ち方、座り方、足の組み方、などさまざまな日常の生活習慣にあります。
特に重要となるなのが「歩き方の安定性」です。

歩き方が不安定になると、もともとバランスの悪い2本足直の姿勢が「横ゆれ」をし始めます。
そうすると、からだの外側の筋肉や関節にかかる負担が内側よりも大きくなっていきます。
それが徐々に脚を「O」のカタチに変形させていくわけです。

骨が曲がっているのではなく、関節のところで変形が起きているということです。

逆に、不安定さを補うために内側に体重を集める意識が勝ると、つま先と膝が内向きになり
脚全体のカタチが「X」になっていきます。

そこで「歩き方が不安定になることの原因」を考えますと、

・足が疲れて筋肉(特にふくらはぎ)が硬くなっていること
・足裏アーチの低下(扁平足・開張足)
・足趾が弱く使いにくい
・ハイヒール、ピンヒール、シャンクの弱い靴
・足と靴のフィッティングの悪さ
・足の大きさの左右差

などがあげられます。


自然療法フットケアによるケア法は? 

O脚・X脚の自然療法フットケアによる具体的なケア法は、

・足の疲れとコリを取り足の動きを改善するトリートメント
・低下した3点アーチをインソールで人工的にサポート
・横アーチをテーピングで補強し趾を使いやすくし歩行を安定化
・安定性の高い靴を選び、足とのフィッティングを調整
・正しいウォーキングフォームを日常歩行に取り入れる
・レッグアロマトリートメントとウォーキングをくり返す
 (ゆるめる、しめる、の骨格正常化サイクルを継続)

以上の対策をトータルに施すことで、O脚やX脚を作ってきた根本的な原因を取り除くとともに、
脚のかたちが元に戻る作用(骨格の正常化)へのサポートとなります。

ただし、O脚・X脚対策として活用する技術は数種類あり、順序よく適用していく必要があります。
自然療法フットケアのメソッドに基づいて正しい順序でケアを進めてください。

なお、整体・カイロプラクティックなどの骨格矯正手技によるO脚・X脚治療をよく見かけます が、
基本的に対症療法であるため、一時的に改善してもまた元に戻ってしまいます。
そうすると半永久的に施術を受け続けなければならないことになります。

即効性を求める場合でも、対症療法による治療は必要最低限にして、自然療法フットケアによる
根本的なケアと併用されることをおすすめします。


自然療法フットケア講座で学べる「足」「靴」「歩行」の根本ケア>>



「自然療法フットケア講座」の内容をよりよくご理解頂くための資料を無料でお送りしております。


コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

TEL
HOME