Reebock イージートーン不当表示で19億円支払い

Reebock イージートーン不当表示で19億円支払い

すでにご存知かと思いますが、 米連邦取引委員会(FTC)は、リーボック社製の運動靴を 「履いて歩くだけで通常以上の運動効果がある」 などと宣伝していることが不当表示に当たると指摘し、 リーボックが約19億円を支払うことで合意したと発表しました。 問題とされた靴は、「イージートーン」や「ラントーン」。 靴底を膨らませて不安定感を出すことで、 歩いたときに脚やお尻の筋肉が引き締まる効果があると宣伝。 日本での販売にも影響が出るものと思われます。


「自然療法フットケア講座」の内容をよりよくご理解頂くための資料を無料でお送りしております。

コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

TEL
HOME