症状別・対策ケア法【足のむくみ】

症状別・対策ケア法【足のむくみ】

足の冷え

どんな症状?

足の冷えでつらい思いをされている女性は多いと思います。 冷え性の方は、冬だけでなく真夏でも冷えます。そして手足の先といった「末端冷え性」の方が多いはずです。

冷えは「脚やせ」の大敵です。 放っておくと、やせにくい脂肪太りやセルライトができる原因になります。 また、冷えによって疲れが抜けず体調不良の原因になることもあり、毎日の生活の上であなたの活力を確実に削いでいる可能性があります。

根本原因は?

そもそも体温とは、からだ内部の細胞レベルの活動の結果生まれる熱の総和で、自律神経で36.5度程度にコントロールされています。この細胞の行う活動のことを「代謝」と呼びます。
代謝とは、からだの細胞が栄養素と酸素を使って行う生命維持活動です。

足が局所的に冷えるということは、その部分での代謝が低下していることが原因と考えられ、からだの末端ほど冷えるということは代謝の2大条件である「栄養」と「血流」のうち、血流に問題があると推論できます。末端ほど血流が巡りにくく代謝の材料である栄養素と酸素が不足して代謝が落ちていた、というわけです。

代謝は人間の生命活動の大元ですから、代謝が低下すればカラダ自体のエネルギーレベルの低下を招きますので、ぜひとも下記の対策をとって撲滅させましょう。

自然療法フットケアによる対策ケアは?

体内の血流を良くして手足の末端まで行き渡らせることが、対策ケアのポイントになります。
そのため、靴の選び方の改善やフィッティング調整、3点アーチの人工的サポート(テーピングまたはインソールの作成)そして「正しい歩き方」をマスターすることにより、歩けば歩くほど冷えは改善していくはずです。食事の栄養バランスや便秘にも気をつけてくださいね。

からだの生理的機能を高めるウォーキングは、免疫力を高めカラダの活力を生み肌をキレイにする、など美容的にも大きなインパクトを持っていますので、その面でもお楽しみに。

なお、冷えはからだの内側・細胞部分で起きているので「外からあたためる」といった対策は対症療法に過ぎません。「内側からあたたまる」ための生理的環境を整えることが必要になります。




コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

CONTACT
HOME