症状別・対策ケア法【巻き爪・陥入爪】

症状別・対策ケア法【巻き爪・陥入爪】

巻き爪・陥入爪
自然療法フットケアによる対策ケア

どんな症状?

巻き爪とは、本来ならまっすぐ伸びる足の母趾の爪が、まっすぐ前に伸びずに横方向へ”巻いて”成長してしまう状態を言います。爪の端が母趾の肉に食い込んで炎症を起こした状態を、陥入爪(かんにゅうそう)と言いますがまとめて巻き爪と呼んでいることが多いようです。
どちらも靴を履いて歩くと痛む、などの症状があります。

根本原因は?

母趾の爪がまっすぐ伸びることが阻害されているのが主原因です。
そうなる原因として考えられるのは、

●足が靴の中で前すべりを起こし、靴と母趾の爪がバッティングしている
●先の細い靴を履くことにより、靴と母趾の爪がバッティングしている
●開張足のため足幅が広がり、靴と母趾の爪がバッティングしている
●歩き方が母趾方向に歪んで抜け、靴と母趾の爪がバッティングしている
といったことです。

そのほか、爪の切り方や母趾に力を入れて踏ん張らない歩き方、
なども巻き爪になる要因とされています。

自然療法フットケアによる対策ケアは?

巻き爪の主原因である靴と母趾の爪とのバッティングを回避します。

■足と靴のフィッティングを調整し、前すべりを防止する
■靴の選び方を改善して、母趾方向にかかる圧力を軽減
■開張足にはテーピングにより母趾の爪と靴のぶつかり方を軽減
■歩き方のアンバランスを調整し、母趾方向にかかる圧力を軽減

これらの対策ケアを徹底して行い、しばらく様子を見ます。
母趾の爪に横方向からかかっていた圧力が軽減し、母趾の爪が真直ぐに伸びるのを邪魔しないようになれば、自然に爪は巻かなくなっていきます。とはいえ足の爪は伸びるのが遅いですから、その間徹底して圧力を取り除いてあげないと簡単には回復しませんが、根気よくこのケア法を続ければきれいな爪を回復できます。
巻き爪を根本原因からケアすることは、足と靴と歩き方の改善にもつながり足とからだの健康に貢献することになりますから、対症療法に頼るよりもメリットが大きいと言えます。

ただし、巻き方が激しく筒状になっていたり陥入爪になって炎症を起こしている場合などは、皮膚科を受診して手術も含めた治療法を相談されることをおすすめします。




コメントを残す

*

PAGE TOP

メルマガ登録MAG




MENU

CONTACT
HOME