こんなフットケアスクールが欲しかった!足の悩みを根本的に解決する技術を学ぼう。



《足》《靴》《歩き方》の3大分野が自宅で学べてサロン開業にも有利!!

当校は《足》《靴》《歩き方》の3大必修分野を体系的に学べる、おそらく日本唯一の専門スクールです。さらに、それぞれのお悩みごとの発生原因とより根本的なケア法を習得。再発率の低いナチュラルなフットケア法をお伝え致します。

ご自身の足のお悩みをご自身で解決できるだけのノウハウが得られる上、ご希望によりサロン開業、既存店でのメニュー導入、講師・講演活動等、様々な活躍の方向性が開けています。最近はセラピストやエステティシャン、ネイリスト、整体師、トレーナー、ナース、理学療法士など、その道の「プロ」も密かに学ばれています。

学べる技術の特徴はこちら

しなやかに、力強く。正しいフォームのウォーキングがあなたの脚と身体を救います。

最後にモノを言うのは、正しいフォームによるウォーキング。足を削ったり薬品や手術などの対症療法に頼らず、症状の発生原因をケアし再発を抑制します。外反母趾、タコ・ウオノメ、むくみ、膝痛、O脚など女性にとって関心の高いフットケア技術が資格として身につきます。

また、歩幅を5cm広げるだけで認知症の予防になるという大規模な研究結果が明らかになるなど、足と靴の環境を整えることで歩行を安定化しパワーをつけることは、これからの超高齢化社会への対応という点においても大きな社会的ベネフィットを期待されるところです。

受講生の声はこちら

DVDを中心に自宅で学べるカリキュラムは「脳への定着」で効果が激増

当校では、トリートメント以外のすべての講座で、DVDによる自宅学習が可能なカリキュラムを採用しています。ご自身にとって最適なペースで学べ、学習が不十分なパートは繰り返し視聴することにより記憶の定着や理解度が格段に向上。

遠方にお住まいの方、家事や育児、介護、お仕事などでお忙しい方でも余裕をもって学習できます。また、講座の仕上げには直接の指導が受けられるスクーリングもあり、受講後のフォローも万全です。

スクールの特徴はこちら

スクール代表のメッセージ

青山フットケアアカデミー              

代表 福井 健太郎

【プロフィール】
筑波大学院修士課程修了 早稲田大学理工学部卒業
住友商事(株)入社、国際ビジネスに携わる。

独立後、スポーツ分野のマーケティングに従事。イタリア製の高級パンプスで日本女性の足を変えるプロジェクトに参加。これを機にイタリアを中心とする欧米の先進的フットケア理論を学ぶ。この間、靴店、靴メーカー、整形外科、研究者、セラピストなどへの取材も多数行う。
東京・青山にオープンした足と靴のコンサルティングサロンでの経験を通して多くの女性の足のトラブルに接し、西洋の靴・歩行のメソッドと東洋の手技を取り入れた独自のフットケアメソッドを確立。現在は、技術の普及とセラピスト育成に奮闘中。

著書:外反母趾でも大丈夫・キレイな足になる3つのヒミツ(現代書林)魅せ脚レッスン(主婦の友社)

靴の普及した先進国では、例外なく多くの人が足のトラブルを抱えて苦しんでいます。日本でもまさに今、子供から大人、そしてまだ歩けるお年寄りまで、正しい知識と本当に役に立つフットケアが不可欠となっているのです。

しかし、日本で普及したのは整体やリフレクソロジー、ドイツ式フットケアといったその場限りの対症療法ばかりでした。これでは日本女性が直面している足の痛みや深刻なむくみ、外反母趾、膝の関節症、O脚といった症状にはまったく歯が立たないのも仕方がありません。

ちなみに、私たちは足の健全性が保たれる条件として次の3つを指摘しています。

「足」そのもののコンディション
血流のスムーズさ、筋肉の疲労度・柔軟性、足裏3点アーチの存在、足趾(ゆび)の強さ、関節の可動域が決められた範囲内で使われているか
どんな「靴」を履いているか
靴そのものの構造、足とのフィット感などですが、同時に大切なのはアレはダメ、コレもダメ、ではなく履きたい靴を安全に履くための対策ケアを施すことです。
どんな「歩き方」をしているのか
問題のある足と問題のある靴で行う歩行は、高確率で問題のある歩き方を生み出します。このことが足の悩みをさらに複雑で解決しにくくししているのです。

私たち青山フットケアアカデミーの技術は、足・靴・歩行をトータルに学んで足の環境を改善し、根本的な解決をめざす自然派のフットケアメソッドです。

ご自身の足のケア、そして足から全身の健康へと役立てていただくとともに、同じような悩みを持つ人のために役立てることもきっと大きな喜びとなるはずです。

スクール資料請求フォーム

PAGE TOP